topimage

2012-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期ワークショップレポート(5月開催) - 2012.05.27 Sun


こんにちは。教文コミュニティダンス部のたかこです。

5月の定期ワークショップのテーマは「距離を踊ろう」でした。

実際の距離、人との距離、そして心の距離をテーマに
ファシリテーター私、岩澤孝子とたかはしちひろが、
全部で3つのワークを行いました。

ワークその1 1cmのダンス
前回、4月のワークショップでは、
「距離」とは遠い距離ばかりをいうのではなく、
ほんの少しの短い距離も「距離」と呼べるのだという話が出ていました。

それを踏まえ、今回のワークで取り上げたのは
自分の身体の距離。

自分の身体の中から、
1cm
30cm
1.5m
という3種類の距離をみつけてみました。

まず1cm。

手や、足と床との距離、
1cm-1_convert_20120527105323_convert_20120527111648.jpg


指の第1関節の距離、
1cm-2_convert_20120527105524_convert_20120527111719.jpg


目の輪郭から黒目までの距離、
1cm-3_convert_20120527105551_convert_20120527111740.jpg


他にも、
唇と唇の間の距離、
また歯と歯の間の距離、
といったアイディアがみなさんから出ました。

1cmというのはとても微妙で、
はたから見るとどこが1cmなのかよくわからず、
本人に聞いてようやくわかる、といった場面も見られました。

次に30cm。

距離が長くなった分、少し動きも出て来て、
どこの部分が30m なのかわかりやすくなってきたな、と思います。

また、1cmのときは、立ったままでも出来る範囲のことが多かったのですが、
30cmになると、寝そべって足を持ち上げたときの距離や、
身体を曲げたりそらしたり、
ダイナミックさが増したと思います。

最後に1.5m。

ここまでくると、まわりの人からも、
本人がどのあたりを1.5mと意識しているのかがわかりやすくなりました。
動きも大きくなったと思います。

それぞれの1.5mがみつかったところでペアになり、
その1.5mに至るまでの動きをやってみました。
1.5mのダンス


1.5mの距離を常に意識し続けながら動いている方もいたり、
一度に複数の1.5mをキープしていた人もいました。


次にグループを2つに分け、
いまおのおのがみつけた1cm、30cm、1.5mを使い、
ダンス作品を作ってみました。

Aチームは全体的に女性らしい作品に。
CA3H0428_convert_20120527105818.jpg

CA3H0426_convert_20120527105741.jpg


Bチームは何だか、ストーンヘンジのような(笑)。
距離ダンス1_convert_20120527105638


「距離」というモチーフで、
なかなか完成度の高い作品が生まれたことに
驚きの声も上がっていましたよ!


ワークその2 人との距離
ここでファシリテーターはたかはしちひろに交代。

ちひろちゃんは、
先のゴールデンウィークに行われた
「第17回京都国際ワークショップフェスティバル」に参加し、
そこで学んだワークから「距離」に関するものをいくつか選んで紹介してくれました。

①集団の中での距離
まずはみんなで歩く。
空間を埋めるように、空いているところに行くように。

次に、誰か1人を自分の心の中でターゲットとして決めて、
その人との距離を意識しながら歩きます。

最初はその人からなるべく遠ざかるように。
遠ざかろうとすると、全員壁のほうにくっついてしまいました。
ありゃりゃ。

次に、そのターゲットの人になるべく近づくように歩きます。
するとだんだんだんだん、人同士が密集していきます。
でも動くのをやめないように。人の間をぬうように。
それでもだんだんすり抜けられなくなり、満員電車状態に!

これ以上無理!というところになったら、
満員電車のドアが開き、解放されます。


②間合いという距離
ペアになり、壁の反対側同士に立ちます。

その相手と徐々に近づき、
互いがもっとも居心地の良いと思える距離まで近づきます。

その距離を近づけたり離したりして、違いを感じます。

その内、2人の内1人がリーダーになって、相手の様子を見ながら動きます。
そしてもう1人は、リーダーと一定の間合いを取りながら、
半身(相手に対して身体を斜めに向けた状態)で動きます。

しばらくしたらリーダーを交代して、また同様に動きました。

2人で間合いを取ることに慣れたら、一緒に横に移動したり、
時々ソロで動いたりしてみて、少しづつ自由に。
CA3H0429_convert_20120527105853.jpg


リーダーの交代も、アイコンタクトでできるようにしていきます。
CA3H0430_convert_20120527105926.jpg

しばらく自由に動いたら、再びシンプルな動きに戻り、
もとの間合いにもどっておしまいです。


③至近距離にいてみる
今度はさっきとは違う相手とペアになり、できるだけ相手と接近します。
この時に、
相手と一緒にいるのがいたたまれなくなるようなシャイな気持ち、

相手と一緒にいることを受け入れる気持ち、
の両方の気持ちで相手と対し、その違いを味わいます。

至近距離ワーク_convert_20120527105702


このワークでは、みんなとても思うことがあったようで、
あとで感想がたくさん出ていました。
(感想は、この記事の最後のほうでまとめてあります。)

ワークその3 心の距離
最後のワークは、再び岩澤孝子によるファシリテーションで、
「心の距離」をテーマに実施。

①自分と世界との距離
自分自身の感情や意識を、
パーソナル/パブリック/ソーシャル/プライベート
という4つの関係に分類してみて、
それぞれの距離を「心」で感じてもらいました。

まずパーソナル。
同じ空間にいても、1人1人は完全に「孤」の状態。
その状態で自分の中でふつふつとわき上がるものを感じる。
自分の中にある「愛」を、自分で味わってみます。

そして、パブリック。
そのパーソナルな状態を保ったまま、少しずつ外の世界に目を向けてみます。
自分の周りにあるものに気づき、外の世界=パブリック空間を発見します。

CA3H0431_convert_20120527110101.jpg


空間全部にいる人を意識し、
まずはどんよりとしたくもり空の下を歩くように、
少し内にこもった気持ちで歩きます。

次に、春の暖かな日差しの中を歩くように。
心を解放して、晴れやかな気持ちで歩きます。
晴れやかな気持ちのときは、やっぱりみんな良い顔してました。

次にソーシャル。
2人から始まって、誰かと出会い、どんどん人の輪を広げていき、
コミュニケーションできる人々の中にいる「自分」を感じます。

そして最後のプライベートは、
ソーシャルよりももっと親密な距離で出会い、お互いを感じ合います。

これはなぜか、面と向かってではなく、
斜めに肩をふれあう人が多かったのが印象的でした。
参加者からは、なぜだか幸せな気分になるという声も聞かれました。


②世界の中心で愛をさけぼう。
最後に、1人に代表して中心に立ってもらい、
そのまわりをみんなで輪になって取り囲みました。

初めは3~4mくらいの距離をとって。
先ほどのワークでいうと「ソーシャル」の関係です。

中心になった人は、まずさっきと同じように、
自分の中にある「愛」を1人で感じます。

そして、それをゆっくり周囲にいるひとに渡すのです。

渡す方法はその人におまかせで、
渡された人はそれを受け取り、確かめてから、
その人に返します。

そうしたら次は50cmの距離にみんなで接近!
先ほどのワークでの「プライベート」の距離です!

その至近距離で同様に
誰かに「愛」を渡します。
受け取った人も確かめてから、相手に返します。
50smの輪_convert_20120527111214


この距離でのやりとりは、さすがに照れました(笑)
やっぱり「プライベート」だ!




終了後のフィードバックでは、みんなから次のような感想・意見をもらいました。

・普段では絶対に近づかないような近さで人と近づき、とても気まずかった。
・サルサでは常に人と近いけれど、ずっと動いているから大丈夫なのかも。至近距離でじっとしているのは大変そう。
・普段の生活でも、距離をはかるのは、自分だけの問題ではなくて、
相手との相互作用で、2人の居心地の良い距離を見つけなければいけないのだな、
と思った。
・自分が普段から人と距離を取るタイプなので、無理に近づくことがしんどい。近づけないことを悪いと考えるのではなく、しばらく放っておいてくれると・・・
・人は至近距離になると笑顔になる。離れると普通のまじめな顔になる。
それが見ていて興味深かった。
・手が汗ばんだり、呼吸が速くなったり、反対にリラックスできたり。人との距離によって自分のフィジカルが変化していたのが面白い。
・相手を「受け止める」というワークがあったけれど、結局は自分の価値観に照らして、
自分が受け止めたいところだけを受け止めてるのではないかと思った。
これは日常の距離にしてもそうかも知れない。
・相手と距離を取りたいとき、人の身体は外に向く。

今回のワークを通して、参加者それぞれが、
日常生活の中での距離についてもう一度考える、
そんなきっかけになったようでした。

たかこ
スポンサーサイト

コミュニティダンスの最前線(4月WS)その3 - 2012.05.04 Fri

4月に行われたコミダン「ダンス・エクスチェンジ」(以下、DX)視察報告会。
最後のレポートです。(レポートその1はコチラ。その2はコチラから。)


DXが今現在取り組んでいるプロジェクトについてご紹介します。

プロジェクトその1
How to Lose a Mountain なぜ「やま」は失われるか

DSC_0048_convert_20120504032538.jpg

これは代表者であるキャシーが中心となって取り組んでいるプロジェクト。
着想は、彼女のひいおじいさんがカードゲームで「やまをすってしまっていた」こと、
そして、彼女がアメリカの「炭坑と電力供給」に関する問題に関心をもったこと。
この2つのストーリーにあります。

日本ではもう無いと思いますが、
アメリカでは山をダイナマイトで爆破し、
そのエネルギーを電力に変換してと都市部に供給するという発電方法を取っているところがあります。
このことから、
炭坑にある雇用の問題と、環境汚染の問題は、
電力を享受している大都市に住む人々にとっても決して無関係ではなく、
都市部の人間にとっても「コミュニティの問題」にあたるのではないか、
と考えたことからだそうです。

take5、Moving field guide(後述)、500 miles 500 stories(後述)など
いくつかのプロジェクトもここに含まれています。

プロジェクトその2
Moving Field Guide

Dunamase-19_convert_20120504032715.jpg

野外でのプロジェクトの1つで、
ダンスエクスチェンジのアーティストが、
自然科学者、生物学に詳しい地域の専門家、
とともにフィールドを巡るというもの。

アートと科学の相互作用を通して「スペース」をみる・知る・創ることを目指す、
新しい手法です。

野外プロジェクトと言えば、
教文コミュニティダンス部も2011年8月、
支笏湖で「野営ダンス」というワークショップを行いました。

298272_168310096586733_159191370831939_329853_71391973_n_convert_20120504124645.jpg


詳しくはコチラ
ミーシャライアンのdance mi-! 野営ダンスはオコタンペ湖を眺めてから〜支笏湖の畔で


プロジェクトその3
500 miles 500 stories

CassieMeador_photobyMattMahaney-300x168.jpg

先の、How to lose a mountainの中心的なプロジェクトで、
今年4月10日から2ヶ月間、
ワシントンD.C.のキャシーの自宅から
ウェストバージニア州にある炭鉱を目指して500マイルを歩く。
そしてその道中で、
様々な人々、コミュニティと出会い、
「500のストーリー」を収集し、それを作品にするというものです。

500のストーリーは、
DXが実際に出会う人々(ワークショップの参加者など)の他、
DXのウェブサイト経由で、現在ネットを通じても募集しています。
→応募はコチラ

ストーリーには「オリジナルトランプ」が用意されており、
この中に書かれた質問をもとにストーリーを語ってもらうようになっています。

trumph.png

また同時にプロジェクトに対して、
4月1日~6月22日まで10,000$の寄付を募集しています。
ウェブサイトからの寄付は10$、25$、100$、250$、500$、1000$の6種類。
興味のある方は是非ご協力下さい。
→寄付はコチラから。

そして今回のコミダンワークショップでは、
この500 miles 500 stories のオリジナルトランプの中から
Q6とQ9を、実際にみんなで考えて、プロジェクトに参加しよう!
ということになりました。

Q6は、
「あなたがいつも持っているもの(あなたが大切にしてきたもの)について教えてください」

Q9は、
「あなたの人生にとって、とても意味があると感じている『距離』について教えてください」

どちらか好きな質問を選び、それについて答えると同時に、
それを表すようなポーズで写真を撮りました。

特に距離については、つい長いものを考えがちですが、
短くても良いのです。
たとえば、アメリカで話したおばあさんは、
目の前に広げた30cmほどの距離が、自分にとっての大切な距離だと言い、
これは自分が長いこと編み物をするときに取っていた距離だということ。

みんなからは、
たいせつなもの
→大切な人からもらったものであったり、大切にしていることばなど
距離
→人と自分との適切な距離であったり、表現をする上で考える世界と自分との距離など

さまざまな意見が出て興味深いものでした。


最後に、
リズ・ラーマンの考える大切な考え方として2つ。

①Horizontal ホリゾンタル

という考え方と、

②subject matter 具体的な問題に注意をむける

という考え方があります。

ホリゾンタルとは、Horizon=水平線のことで、
「ホリゾンタル」の反対は「ヒエラルキー」、すなわち階層。

人々の能力やできることに階層をつけるのではなく、
すべてを水平に取り扱うというところから始めよう。

一面的な見方にとらわれず、上も下もない、広く多様な視点を取り入れよう
ということを大切にしているそうです。


おしまいに、
DXのメンバーからコミダンあてのメッセージを頂きました。

Megan メガン
megan.png
みんながいまも共にコミュニティダンスに関わっていると
聞いてとても感激しました。
みんなのこと、誇りに思います。
これからも是非つづけていってください。

Shula シューラ
shula.png
パッシー(シューラの愛犬)も喜んでます!
みんなの活躍、DVDで見せていただきました。
とても美しいうごきやすばらしいアイデアに
満ちあふれていました。

Matt マット
matt.png
今年、こっちは全然雪が降らなかったので、
すごく札幌に行きたいよ。
それでみんなにスキーを教えてもらいたいなぁ。
これからもがんばって活動を続けて下さい!

Cassie キャシー
cassie.png
札幌のみなさん、こんにちは。
ダンス・エクスチェンジです。
みんなのすばらしい活動について、見せてもらいました。
近い将来また一緒に活動できるように願っています。

Liz リズ
liz.png
みなさん、手紙やギフト、ありがとうございました。
みなさんの活動、一部見せてもらいました。
みなさんの前に進もうとする力、
美しいものに溢れているのを感じ、
とてもうれしく思いました。
同時にたくさんのアイデアが浮かんできました。
また会えるのを楽しみにしています。

コミュニティダンスの最前線(4月WS)その2 - 2012.05.04 Fri

4月に行われた、
コミダンワークショップ「ダンスエクスチェンジの視察」報告会
レポートその2です。(その1はコチラ。)

Liz Lerman Dance Exchange リズ・ラーマン・ダンスエクスチェンジは
The Shipyard Project というプロジェクトを立ち上げました。

shipy.png


これはダンサーが長期的に「コミュニティ」と関わり、
コミュニティの問題を、
そのコミュニティに住んでいる人たちと一緒に踊る、
というもの。
ダンスを通して、その問題に迫って行くというプロジェクトです。

この他にも、ハレルヤ・プロジェクトや、

halleru.png


ニュルンベルグ裁判を扱った作品などを創りました。

その後2011年には代表からリズ・ラーマンが退き、
Cassie Meador キャシーがその後任となって、Dance Exchange (以下、DX)と
改組しました。

さて、では現在のDXは。

DXの活動は主に、

・スタジオでのワークショップ
(プロ/50歳以上/ユース/ティーン)
・特別なプロジェクト
(コミュニティとのワークショップ、野外ワークショップなど)
・セミナー
・パフォーマンス

の4つです。

野外のワークショップの例としては、Moving Field Guide(後述)。
セミナーの例としては、Dance Exchange 2012 Summer Institute

などがあります。

ちなみにこのDance Exchange 2012 Summer Institute

2012年7月6日〜15日、10日間のワークショップで料金は$750。
DXのメソッドを学ぶ+創作を行うもの。
プロのダンサーだけではなく、一般の人も参加できるので、
よろしかったら、
みなさんもぜひ参加されてみては?(by たかこ)→Dance Exchange 2012 Summer Institute


DXの基本的な考え方について。

DXがダンスを創作するときの4つの基本的な考え方は、

• Who gets to dance? 誰がダンスをするのか?
• Where is the dance happening? どこでダンスがおこるのか?
• What is it about? 何についてのダンスか?
• Why does it matter? なぜそれが問題なのか?

これらにこだわることを非常に重用視しており、
とても分析的なグループに見える。


そして、DXの方法(メソッド)は。

その1 Tool box
これは、ダンスファシリテーターに必要な道具(道具箱)のこと。
全部で12のtoolがあります。

1.Build a Phrase
2.Blind Lead
3.One to Ten
4.Spontaneous Gesture
5.Delayed Mirror
6.Perpetual Prompt
7.Equivalents
8.Movement Metaphor
9.Detail
10.Walk and Talk
11.Essence
12.Movement Parameters

例えば、2. の Blind Lead は
目を閉じた人を、もう1人の人間がリードするというもの。
さらに応用として、目を閉じた人が自由に踊るのを、
もう1人の人が、その人が壁にぶつかったりしないようにリードしていくというものがあります。

このブラインド・リードは、慣れてくると、
目をつぶっている人に全く触れずに、
視線や、そこに居るだけでできるようになるそうです。

Tool Boxについて、
詳細は、次のサイトを参照してください。
Tool box

そして、
その2 Critical response process
創造的な芸術批評のプロセス

これは「批評」ということに対して、
よく想像されがちな「上から目線」の批評ではない、批評のあり方。

現在創作中のアートをより「発展させる」ために行う批評の方法論で、
ファシリテーターを介して、
アーティストとレスポンダー(受け手)とが対話形式で行うものです。

今年12月にコミダンが参加した、
JCDN「踊りに行くぜ!!」のワークインプログレスでも取り入れられていました。

389516_219380644813011_159191370831939_472078_1671038337_n_convert_20120504124313.jpg


この批評のプロセスには、
次の4つのステップがあります。

Step1. Statements of Meaning
アート(作品)を観察し、その(ポジティブな)意味について考え、話し合う。

Step2. Artist as Questioner
アーティストが、自分の作品について再考し、疑問点を他者にぶつける。

Step3. Neutral Questions from responder
アート(作品)について、アーティストに対して、受け手が「ニュートラルな」質問をする。

Step4. Permissioned Opinion
受け手が当該のアートに対して抱いている意見を出しあう。

この方法論は、本にもなっています。
Critical Response Process


その3に続きます。

コミュニティダンスの最前線(4月WS)その1 - 2012.05.04 Fri

4月のコミダン定期ワークショップは、少しいつもと趣向を変えて、
ファシリテーター 岩澤孝子による、
アメリカDance Exchange ダンスエクスチェンジ視察の報告会を行いました。

403567_284467818304293_159191370831939_624309_1649517408_n.jpg

578365_284467921637616_159191370831939_624310_1210639785_n_convert_20120504074414.jpg




ダンス・エクスチェンジは、
アメリカ ワシントンD.C.に本拠地を置くダンスカンパニーで、
使っている建物は、元は郵便局であったところだそう。

yuu.png


2008年〜2009年に来札したリズ・ラーマンが代表を務めていましたが、
現在は職を退いています。


Dance Exchange(以下、DX) 誕生のそもそものきっかけは、
リズ・ラーマンの母親がガンで亡くなり、
彼女がその母親の物語をダンスにしたいと思ったことがきっかけでした(1975年)。

しかし、若く美しいダンサーではこれが表現できないと考えた彼女は、
NYにある高齢者施設で、高齢者とともに作品の創作を始めます。

今でこそそのような取り組みは珍しくないことですが、
当時、リズのように若いダンサーがそのように高齢者と作品を創るというのは、
とても珍しく見られたそうです。

彼女は、その高齢者のダンスグループを「the third age」と名付けました。
子どもをfirst、大人をsecond、それに続く高齢者をthirdと呼んだのでした。
シニアでもなく、elderでもない。「the third age」。

third.png


一方、その翌年には、ダンススクールとしてDXをスタート。

800人の市民との、リンカーン記念会館でのダンスや

rin.png


自由の女神像寄贈100周年を祝うダンス

jiyuu.png


を経て、
1993年、この2つを統合し、Liz Lerman Dance Exchange を立ち上げます。


その2に続きます。

ごあいさつ。 - 2012.05.03 Thu

こんにちは。
札幌市教育文化会館(通称「教文」)のダンス事業「教文コミュニティダンス部」のブログを開設しました。

このブログでは、コミダンの定期ワークショップの情報や、アウトリーチの情報、またその報告、
各地のコミュニティダンスの情報、コンテンポラリーダンスの情報などを
発信していきたいと思います。

コミュニティダンスに関心のある方はもちろん、
ダンス未経験の方、コミュニティダンスって何? という方まで幅広く、
情報発信とコミュニケーションの場にしていきたいと考えています。

よろしくお願いいたします。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

コミュニティダンス部

Author:コミュニティダンス部
コミュニティダンスとは、多様なバックグラウンドを持つ人々と出会い、コミュニケーションを通じて生まれるダンスを楽しむものです。

申込み・お問い合わせフォーム

定期ワークショップへのお申し込み希望、その他お問い合わせはこちらのフォームよりどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご連絡頂いた方には、後ほど担当者からご連絡いたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (6)
コミュニティダンスとは? (1)
ワークショップ情報 (20)
ワークショップレポート (19)
コンテンポラリーダンス情報 (0)
その他 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。