topimage

2013-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踊りに行くぜ!! いよいよ今週末です。 - 2013.01.17 Thu

今週の日曜日、1月20日(日)
いよいよ「踊りに行くぜ!!」が本番を迎えます。

odori_II_3.jpg


教文コミュニティダンス部も、先月の「ワークインプログレス」ふまえまして、

ファシリテーター・参加者・アドバイザー木野彩子さんを交えてのミーティングを重ね
どんどん作品が変化していっていますよ。

DSC00231_convert_20130117045424.jpg


内容としては、今まで4つあったシーンを2つにし、
よりダンス表現としての密度を高めています。


たとえば新年一発目の稽古では、

「明日世界が終わるとしたら、あなたは何をしますか?」という問いをテーマに、
参加者それぞれが考え、そこからダンスを作りました。


出た意見としては、

・誰かと一緒にいたい
・ただ空を眺めていたい
・いつもと変わらず、電車にのる
・最後に1度空を飛びたい

などなど。


こうしたアイディアをもとに、
よりダンスにするため、ファシリテーターがサポートしつつ、
イメージをふくらませていきました。

DSC00377_convert_20130117045930.jpg


また、テーマである「13番目の月」に関しても、
ディスカッションを重ねるごとに、目指すべき方向がだんだんとクリアになってきました。

DSC00361_convert_20130117045905.jpg


教文コミュニティダンス部が考え、ダンスにした「13番目の月」とはなにか、
作品から感じていただければ嬉しいです。

DSC00432_convert_20130117050004.jpg

DSC00267_convert_20130117045835.jpg


コミュニティダンス作品の魅力というのは、

そのひとそれぞれのイメージに基づき動きをつくることで、多様な世界が生まれること。

そして、動きを極力シンプルにすることで、1人1人の身体から生まれる動きの差異を楽しむこと。


教文コミュニティダンス部にしかできない作品を、ぜひ会場で観てください。



公演詳細

JCDNダンス作品クリエイション&全国巡回プロジェクト
踊りに行くぜ!! Ⅱ(セカンド) vol.3  in 札幌

■日時:2013 年1 月20 日(日)14 時開演  19 時開演
■会場:生活支援型文化施設コンカリーニョ 札幌市西区八軒1 条西1 丁目ザ・タワープレイス(JR 琴似駅直結)
■料金:一般 前売2,500 円/当日3,000 円
    学生 前売1,500 円/当日2,000 円


【出演作品】
「House the homeless」
作・演出・美術:カミイケタクヤ(香川)
振付・出演:加藤千明、渋谷陽菜

「Endless Steps Sapporo」
作・演出・振付:山田勇気(東京) 振付協力:高原伸子
出演:牛島有佳子、小川恵子、柴田詠子、東海林靖志、福村まり、堀川那奈子、明道紘子、森嶋拓

「MESSY」
作・演出:菅原さちゑ
振付・出演:田中夢、緒方祐香、菅原さちゑ

「13番目の月」
作・演出:櫻井ひろ 監修(アドバイザー):木野彩子
出演:石井かほ、和泉結香、佐藤佳代、佐藤未菜、セリナ、津田いづみ、堀内まゆみ、堀内花音、宮脇誠、村田ひろ美、たかはしちひろ、ほか


主催:文化庁、NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク
共催:NPO法人 コンカリーニョ TEL.011-615-4859

後援:札幌市教育文化会館(札幌市芸術文化財団)



■ご予約・お問い合わせ:NPO 法人コンカリーニョ TEL:011‐615-4859
■チケット取扱い:ローソンチケット



公演チケットのご予約は、教文コミュニティダンス部でも承っています。

教文コミュニティダンス部
E-mail:kyobuncommunitydance@gmail.com

左のお問い合わせ・お申し込みフォームからも承ります。
ぜひご連絡ください。

ご来場お待ちしています!
スポンサーサイト

定期ワークショップレポート(11月開催) - 2013.01.13 Sun

教文コミュニティダンス部のいづみです。
11月の定期ワークショップのテーマは「古着で踊ろう」でした。

事前にみんなに声をかけて、たくさんの古着を集め、
古着とダンスするという新発想にチャレンジしました。
ファシリテーターはたかこさん(岩澤孝子)。


まず、集まった古着をすきまなくずらーっと床に並べてみました。
今日の参加者以外の人からも、多くの古着を集めていて、とてもたくさんありました!

写真_convert_20130113073547

これが古着?と思うような、新品同様のものばかり!

アレも着てみたいし、コレはどうだろう?ととてもわくわくしました。
私にとってはまるで値札のない、値段を気にせず自由に選べるお店のようでした。


並べた服の中からからぞれぞれお気に入りの1枚をピックアップ。
そして、選んだその服とウォーミングアップしました。

服を手や足にもって、身体を伸ばしたり、振り回して、遠心力で身体を回したり。

選んだ古着は私のベストパートナーになりました。

引っ張っても、ギュッと握っても、
文句も言わず私の動きについて来てくれ、
伸びる素材は何処までも伸びて私の体を伸ばしてくれました。



次のワークはなんと、その並べた服をたった3人で全部着てみる!というもの。

写真4

いろんな工夫をして全部着こなすことにチャレンジ。

写真5_convert_20130113073735

気づくと、着るというより、体のどこかにくっつけなくちゃ、ということに夢中になってました。
シャツを本来のシャツとして着るのではなく、腰に巻いてみたり、片袖だけ通してみたり・・・いろいろな着方、使い方が見付かり面白かったです。

他の人を見ていても、とても上手に着ているなーという印象。
「着る」という行為だけでも、その人らしさが出るのでしょうか?
ふッと自分を振り返り、恥ずかしくなったり、反省したり。

全部の服を着たら、そのまま歩きながら、おはよう、こんにちは、ありがとうと言ってみます。帰り道では、言うたびに床に寝てみたり。

次に、服を着ていない人が動き、
それを服を着ている人が真似します。

動けない!
なんだか「欲」の塊になって身動きがとれない感じ。

古着は着るための服であり、たくさん着たいという欲だったり、もっとたくさん何かを手に入れたい、持っていたい、おいしいものを食べたい、もっと、もっと、もっと・・・

いろんな欲求の象徴に感じました。


今度はもう1度、着る人を交代してチャレンジしました。
今度は服を列に並べて、着ながら列をたどり、着るたびに、ポーズをまねする。

とっても上手に着ている人がいて、すごい!と思いました。

写真2

写真3

下から順々に、本来の着方で全部重ねて着ていて見事でした。

片や、工夫しながら様々な着方、付け方でかなり個性的な仕上がりになった人もすばらしい!


みんなたくさん汗をかいたので、服を脱いでここで少し休憩。



その後、また服を一面に並べました。
そしてその服同士を、全部格子状に結びます。
横をつないだあと、たてを連結。
なかには結びづらい形や素材の服もあって、悪戦苦闘。

なんとか完成!

結び合った服たちから「つながり」を感じました。
つながるための特別な部品があるわけではないけど、
なんとかしてつながろう、つなげようとしてつながった格子。
不安定なところも、ガッチリしたところもいろいろだけど、なんとかつながった格子。
古着だからこその暖かさを感じました。

人と人とのつながりも、こんな感じなのかな~。
つながろう、つなげようという気持ちさえあれば、
何時でも、誰とでもつながることはできる。


今度は古着の端はしをみんなでもって、持ち上げてみます。

そしてかわるがわる上から眺めたり、ジャングルジムのようにくぐってみました。
1人ずつ交代でやる。そのうち、格子を移動させたり、ゆすってみたり。

写真6_convert_20130113073808

古着だけでつくられた格子は、干してある洗濯物のようにも感じるし、子どもの遊具のような感じもする。
なんだかとても懐かしい、あったかい感じ。
子供の頃の遊びを思い出しました。


最後は、
服を山にし、服をつかって1つの「世界」をみんなで作り上げることに。
ブルーの服をあつめて海にしたり、オレンジの服で陸ができたり。
コサージュのように巻いて花にしたり・・

写真7_convert_20130113073832


服でうずしおを作って、みんなでそれをたどり、出たり入ったりもしました。

古着って、
私にとって・・・友人、時々ベストパートナー。



おしまいに。

自分が今まで持っていた服を古着として出してみると、
後から後悔することなく、スッキリして気持ちが軽くなりました。

まだまだ服に限らず、手放したいもの、たくさんあります。

数枚の古着でこんなにスッキリしたのですから、
他いろいろ片付けたら何十倍もスッキリするでしょうね!

2013年、やっぱり、仕分け・片付け・手放す、が目標です☆

いづみ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

コミュニティダンス部

Author:コミュニティダンス部
コミュニティダンスとは、多様なバックグラウンドを持つ人々と出会い、コミュニケーションを通じて生まれるダンスを楽しむものです。

申込み・お問い合わせフォーム

定期ワークショップへのお申し込み希望、その他お問い合わせはこちらのフォームよりどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご連絡頂いた方には、後ほど担当者からご連絡いたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (6)
コミュニティダンスとは? (1)
ワークショップ情報 (20)
ワークショップレポート (19)
コンテンポラリーダンス情報 (0)
その他 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。