topimage

2013-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月のダンスワークショップ 「歩(ほ)っとでワールド」  - 2013.08.10 Sat

こんにちは。教文コミュニティダンス部のたかこです。
7月14日(日)に行われたダンスワークショップ「歩(ほ)っとでワールド」に参加しました!

今回のファシリテーターは、ダンサーのミーシャさん。
モダンダンスのダンサーでもあり、また、ダンスセラピーも実践されているミーシャさんの「歩く」をテーマにしたワークショップです。ミーシャさんの人柄が表れていて、やさしくてあたたかい気持ちになれた一日になりました。

4歳から70歳代の方まで、幅広い年齢の方々が20名以上も集って、まさに、大盛況でした。

・ウォーミングアップ

まず、みんなで円になってうつぶせに寝ます。
寝た状態のままで、足をぱたぱたさせたり、かかとを合わせて足を叩いたり、ゆっくり膝から下を動かしていったり。
ゆっくりと足下から体を温めていきます。

そして、うつぶせのまま手をついて頭をあげおなかでぐるっと一周回ってみます。
遊んでいるみたいなのですが、思っている以上に腹筋や背筋に効く動きでした。

まだまだ寝たまま。
足も手もぐーっと伸ばして、左右にゆっくり転がります。
呼吸に気をつけて、ゆっくり息をすったり吐いたりしながらするのがコツ。
転がりながら仰向けになって。
膝を立てて、歩くようにしておなかを中心に一周回ってみます。
そうして、体をうつぶせにして顔だけ上げる。

DSC01441_201308101241115e3.jpg


すると、みんなの顔がよく見えます。そこから自己紹介。
こんな姿勢で自己紹介したことってあったかな…と、目から鱗でした。

今回は初めての参加者もたくさんいたので、じっくり時間をかけて、自己紹介が行われます。
その間みんなは寝たまま。
ゆったりまったりな、時間。

DSC01466_20130810124145d03.jpg


自己紹介が終わると、隣の人と足をあわせて足で輪を作ったり、円の中央にあつまって、足で押し合いをしたり、足のコミュニケーションをとりました。
足で押し合うのってとっても気持ちがいいんです。

DSC01484_20130810130354fbd.jpg


これでずいぶんと、体・心・場がほぐれてきました。

つづけて、足だけじゃなく、体全体のストレッチ。
今回は床に寝ている時間が長かったのですが、少しずつ床から立ち上がり、とうとう「歩き」だしました。

・歩く

それぞれが「歩く」ということについて、あらためて考えてみます。

円の状態のまま、ちょうど向かいの人の方へ、お互い交差するようにして歩いて行きます。
普通に歩く、膝をあげて足の重さを感じながらゆっくり歩を進めていく、動物や昆虫など他の生き物の歩きを想像してみる…。

DSC01505_201308101242502e8.jpg


すると、すこしずつ「歩くという世界」が広がっていくようでした。
イマジネーションが刺激されて、みんなの体からいろいろな動きが現れ、エネルギーが高まると、音楽にあわせて空間を自由に歩き始めました。

ミーシャさんを先頭にいろいろに歩いて行きます。
スキップしたり、手をたたきながら、手を振りながら動く、とか。
ミーシャさんを先頭にした線の動きが渦に変化して、最後には大きな円になります。

みんなが一斉に歩くようすを上から見るのは圧巻、でした。

DSC01534_201308101243258e3.jpg


10分程度の休憩をはさんで後半へ。

・歩くの応用:いろんな移動の状況を想像して動く

後半は、まず、ミーシャさんから歩行を中心とした身体について(筋肉の動き方など)お話を伺った後、歩くというテーマをさらに深めました。

それから、想像力を働かせて、いろんな移動のシチュエーションを動いてみることになりました。

まずは3人ずつ、一列にならんで、401の端から端まで自分のイメージで歩いてみました(速さもそれぞれ)。
最初は音なし、次に音楽ありで。
歩き終わった後に一人一人に心に描いたイメージについて聞きました。

DSC01549_201308101243521e2.jpg


 ー 空を飛びたいという願望
 ー 水面の上を歩いている
 ー オレンジの日だまりの中をふわっとやさしく押されたみたいに動。
 ー スローモーションで移動する
 ー 一家揃ってめがねを買いに行く
 ー とうとう大好きな夏が終わってしまって、仕方がないから秋の葉っぱであそぶ
 ー そらから花のようなものが落ちてきて、そして、咲いた
 ー 急に城にはせ参じることになったが、足が全然すすまない(という夢)

とか、実に様々なイメージが飛び出しました。参加者のみなさんのイマジネーションに脱帽です。

・ダンスをつくる

そして、3つのグループに分かれて、先ほどのイメージを大事にしながら、歩く(移動する)をテーマにした小作品を作りました。
音楽は、グループのイメージをみていたミーシャさんが即興的に選んでくれました。
音楽がはいると踊っている人の中から自然とノリが生じてきて、ちゃんとダンス作品になってくるから不思議なものです。

DSC01609_20130810124422428.jpg


チーム★めがね。
たまたまめがねをかけている参加者だけが集まって結成されました。
軽快なリズムにあわせてコミカルな動きを展開してくれたこのグループは、「夫が死んで夫の会社をひきついだワンマン社長とその部下」という設定の作品を作ってくれました。
めがねとかけている時とそうでない時、オン・オフのコントラストが秀逸な作品。

IMG_1098_2013081012445351d.jpg


チーム●花。
「空から花の種が落ちてくる」というイメージを中心に、みんなの好きな動きをうまく組み込んでいました。
あたたかい春の風が空間を満たす暖かくて気持ちのよい作品です。

IMG_1134_2013081012452843e.jpg

IMG_1137_201308101246010ee.jpg

最後のチーム(すみません、名前忘れました)。
水紋や地球誕生とか(規模はだいぶ違いますけど)といったイメージです。
中心に集まったエネルギーが渦を作り、それが広がってはまた集まるといった、シンプルだけど、壮大な作品。


・クールダウン
ミーシャさんを先頭に401をぐるぐる歩きまわりました。
そして、全員で円になって手をつなぐ。
ウォーミングアップにもありましたが、つないだ手を支えにして、体を外側に開いていく。
手が離れるんじゃないかとちょっと心配になるような気もしますが、円は、緩やかに、でもしっかりと結ばれているのでした。ほっ。

IMG_1192_20130810124639776.jpg

IMG_1225_2013081012502160d.jpg


・イマジネーションで世界一周
円になって座ってから、参加者一人一人に、行きたい場所、国について語ってもらいました。
実は、「歩っとでワールド」、「歩いて世界をめぐる」という壮大なテーマも持っています。

みなさんが頭に思い描く世界は広く、そしてバラエティに富んでいて、こうして話を聞いているだけで、世界を一周したような気持ちになれました。


・感想

「歩く」という実に身近なテーマに目を向け、じっくりと、そして、ほどよい感じで進行したワークショップ。

今回ファシリテーターをつとめたミーシャさんは「ワークショップの段取りや内容はあんまり決めすぎないで、みんなの中からでてくるイメージや動きを大切にしたい」というようなことを言っていました。

ついつい「押し」が強くなってしまいがちな私にとって、心に留めておきたいことです。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

コミュニティダンス部

Author:コミュニティダンス部
コミュニティダンスとは、多様なバックグラウンドを持つ人々と出会い、コミュニケーションを通じて生まれるダンスを楽しむものです。

申込み・お問い合わせフォーム

定期ワークショップへのお申し込み希望、その他お問い合わせはこちらのフォームよりどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご連絡頂いた方には、後ほど担当者からご連絡いたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (6)
コミュニティダンスとは? (1)
ワークショップ情報 (20)
ワークショップレポート (19)
コンテンポラリーダンス情報 (0)
その他 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。