topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期ワークショップレポート(6月開催) - 2012.07.19 Thu

みなさまこんにちは。教文コミュニティダンス部のかほです!

6月のワークショップとありますが、実際にやれたのは7月1日でした。
気にしない方向でお願いします (>_<)

さて今月のワークショップは、
教文35周年を記念して作られた「外郎売体操」のレクチャーと、コンタクトのワークでした!

※「外郎売体操」については2つ前の記事をご覧ください。


ワークその1 「外郎売体操をマスターしよう!」


まずは「外郎売体操」のレクチャーから。

この体操を振り付けした櫻井ひろさんと
ファシリテーターのたかはしちひろさんがお手本を見せてくれました。


歌舞伎の六法の一部が使われていて、「難しい~!」という声が上がりながら、一つ一つの動きを吸収。
577156_324684790949262_1581427833_n_convert_20120719230458.jpg

561023_324684964282578_7889566_n_convert_20120719230529.jpg

一番遅いスピードでもついて行くのに一苦労…皆が思っていたよりも速かったようです。
574754_324683787616029_1378080746_n_convert_20120719230346.jpg

外郎売の口上と一緒に確認しながら覚えていたのですが、舌が回らず言えてないメンバーも若干名…(笑)
561127_324684827615925_1174665129_n_convert_20120719230425.jpg

健康促進&滑舌が良くなる体操ってなかなかないのでもっと練習していきたいですね☆


すでに教文のHPやUSTREAM、カルチャーナイトで披露されていますが、
今後も発表の機会あるようなので、是非チェックしてみて下さいませ。
→配信はコチラ



ワークその2 「コンタクト」

ここからのワークはたかはしちひろさんに交代。

最初に「床」とコンタクト。

まずは床に寝っ転がり、全身の力を抜きます。
力を抜いたら、体の一部(かかと、手、片手、片足 etc.)だけを使って床を押します。
553897_324686310949110_1038107313_n_convert_20120719230627.jpg

このときに出来るだけ体の内側から出すようにします。

慣れてきたら今度は同じ要領で場所を移動したり、だんだん立てるようにしていきます。
555298_324686330949108_140558203_n_convert_20120719230605.jpg

省エネみたいな体の動かし方ですが、結構動けます。


続いて二人一組で「人」とコンタクト。

一人が床にうつ伏せで寝そべり、もう一人は自分と床に寝そべる人のたんでんを合わせるように上に乗っかってクロスさせます。
(ざっくり図にするとこうなる → 十 )

524039_324686347615773_1821849534_n_convert_20120719230718.jpg

上に乗っかる人は相手に体を預けつつ、頭から足まで移動します。
このときに、頭や膝に体重をかけるとかなり危険なので、相手に負担がかからないよう自分で支えます。


更に応用して、下にいる人が転がりながら上にいる人が流れるように移動します。
最初に出来るだけ安定した場所(丹田(たんでん))などから始めるとやりやすいです。


今度は立って、軸になる人とごろごろ回る人に分かれます。
555350_324687577615650_1140721671_n_convert_20120719230650.jpg

回る人は軸の人の体の一部に触れながらごろごろ回ります。
回る途中で触る場所を変えるのも面白かったです。


そして力を使わずに簡単に持ち上げることができるリフトを実践!
これも丹田(たんでん)を合わせてやると結構余裕でバランスが取れます。
428821_324687777615630_746914991_n_convert_20120719232702.jpg


最後に今までやったことを組み合わせ、曲に乗りながら自由にみんなで踊りました!




~ワークショップ感想~

・外郎売体操は意外と難しかった。
・一年プロジェクトになりそう。
・今回のコンタクトは誰でも出来る(基本的なものだったから)
・床や人以外にも、椅子や木でも応用が出来そう。
・自分のコントロールの仕方を細かく教えてもらえたのでやりやすかった。
・コンタクトはただくっついてベタベタするのではなく、お互いに自立しあうからこそ成り立つ。
・適度の押し合いと相手への信頼が必要になってくる。
・exchange(交換)を上手にやれるととても楽しい。
・今までに数回参加しているが、「コミュニティダンス」ってこうだ! ってことをやっと理解し実感出来た。


コンタクトのワークは今までに何度もありましたが、一回一回に新たな収穫があるので本当に魅力的です。
コミュニティダンスの醍醐味を再認識出来たワークショップでした。




☆おまけ☆

今回のワークショップに、
教文フリーペーパー「楽」と「ACT」のライターさんが取材にいらっしゃっていました!

参加メンバーに話を聞いたり、ワークにもちょこっと参加してくれました。
会って数十分で仲良くなれて嬉しかったです!

また会えたらいいなあ。



おわり。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://communitydance.blog.fc2.com/tb.php/10-41a48161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

定期ワークショップレポート(7月開催) «  | BLOG TOP |  » 7月定期ワークショップのお知らせ。

プロフィール

コミュニティダンス部

Author:コミュニティダンス部
コミュニティダンスとは、多様なバックグラウンドを持つ人々と出会い、コミュニケーションを通じて生まれるダンスを楽しむものです。

申込み・お問い合わせフォーム

定期ワークショップへのお申し込み希望、その他お問い合わせはこちらのフォームよりどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご連絡頂いた方には、後ほど担当者からご連絡いたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (6)
コミュニティダンスとは? (1)
ワークショップ情報 (20)
ワークショップレポート (19)
コンテンポラリーダンス情報 (0)
その他 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。