topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期ワークショップレポート(9月開催) - 2012.11.16 Fri


教文コミュニティダンス部のアキラです!

9月のワークショップは、特別ワークショップの「野営ダンス」をふまえて、
ダンスしないダンスとはどんなものか?
野営「的」ダンスを踊るというテーマで行いましたよ。



まずは、「野営ダンス」の模様をDVDにて鑑賞。

ぼくは当日は、あいにく参加できなかったのでした。

DSC07861_convert_20121115032125.jpg

DSC07900_convert_20121115032315.jpg


見ていての感想。

水流に入り、手で触り感じる。
風を感じる。
裸足で岩に直接触れる。

解放されるかんじ、安心できるかんじがあろうかと思った。

自分がそこへ流れこんでいくかんじ、何かが流れこんでくるかんじ。

DSC07890_convert_20121115032627.jpg

自然とふれあう。
それは人の側から見れば五感の稼働率をぐんとあげることなのだなということが伝わってくる。

祠と踊ったりする場面ではよりカオスチックな空気が流れてくる気がした。




ここからは蛇足ですが・・・

「自然の荒々しさ、自然としての人間。みずからの論理で勝手に動く。」


ぼくが中学校の時、炊事遠足で事故があり、
3人くらいの生徒が秒速20mくらいの速さで上下入れ替わりながら流され
死んだ場面に遭遇したことを思い出しました。

なんの悪意もなく、自然は自然の論理、必然性で動いてるんだなと思います。

たとえば、手すりに触れたり、握ったりすると心が落ち着きます。
特に握りしめると。

これって、自分の意思表示がよりはっきりしていることが理由かなあ?
この感覚は、切実な子供の心ってかんじかなあ。




観賞後、たかこさんのファシリテーションで、
さっそく「野営的」ダンスにトライ。

まずは、参加者それぞれが
「自分が好きなストレッチのポーズ」を1つずつ紹介していくことに。

DSC07926_convert_20121115033318.jpg

DSC07935_convert_20121115230708.jpg

DSC07927_convert_20121115033454.jpg

DSC07930_convert_20121115033528.jpg

DSC07933_convert_20121115033936.jpg


次に、2人がペアになり、

1人がいま出たみんなのポーズを元に動きたいように踊ってみる。
そしてそれをもう1人が見守る。

というのをやりました。

DSC07948_convert_20121115034358.jpg

DSC07949_convert_20121115034500.jpg

DSC07950_convert_20121115034531.jpg

DSC07951_convert_20121115034607.jpg

DSC07952_convert_20121115034640.jpg

自分が見ている側だったときは、
終わってから、自分のパートナーは不安なかんじがしたと言っていたけれど、
これは自分の内奥が映し出されることと、
肉体的な危険のふたつが入りまじったものだったのではないかと思う。

僕から見ていてはけっこう自由に動いているかんじがしていた。

初めて会った方で女性だったので、パートナーに対する信頼感という問題もあったのかも。


一方、
自分が目をつぶって踊ったときは、
視覚を閉ざすことで空間感知力のようなものが敏感になったかんじでした。

DSC08041_convert_20121115223703.jpg

DSC08042_convert_20121115223744.jpg

DSC08049_convert_20121115223912.jpg

DSC08003_convert_20121115235528.jpg

DSC08074_convert_20121115224719.jpg


パートナーが見ていてくれているのですごい安心感があった。
何に対しての安心感かはわかんないんですけど。
総じてより自由に心と動きの間の距離が近いかんじで踊れてた気がします。

その後、みんなで意見交換。

DSC07993_convert_20121116000727.jpg

DSC07994_convert_20121116000852.jpg

DSC07996_convert_20121116001023.jpg


目をつぶって踊っている人、見ている人を見ていて。

全般的には、踊っている人が思いきりよく踊っていたと思うんですが、
2人の間には微妙な引力や関係性が働いていたのでしょうし、
踊りを決定づけていく因子があったのだと思います。


最後に、2つのグループに別れて、
それぞれこれまでの動きをまとめ、作品を創りました。

DSC08084_convert_20121115224959.jpg

DSC08095_convert_20121115225110.jpg

DSC08105_convert_20121115225153.jpg


おまけ!

DSC08077_convert_20121115224814.jpg

DSC08079_convert_20121115224906.jpg

2人で
何を見てるのかな?



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://communitydance.blog.fc2.com/tb.php/20-fb953a7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

11月定期ワークショップのお知らせ。 «  | BLOG TOP |  » 特別ワークショップ「野営ダンス2012」レポート(9月開催 )

プロフィール

コミュニティダンス部

Author:コミュニティダンス部
コミュニティダンスとは、多様なバックグラウンドを持つ人々と出会い、コミュニケーションを通じて生まれるダンスを楽しむものです。

申込み・お問い合わせフォーム

定期ワークショップへのお申し込み希望、その他お問い合わせはこちらのフォームよりどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご連絡頂いた方には、後ほど担当者からご連絡いたします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (6)
コミュニティダンスとは? (1)
ワークショップ情報 (20)
ワークショップレポート (19)
コンテンポラリーダンス情報 (0)
その他 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。